EM6@扉メンテナンス H27-3-14

(株)ツインスターカンパニー様よりのご依頼で
茅ヶ崎市への納品です。海も近くそろそろウズウズしてきた時期です(笑)
通販サイトよりご購入されましたオーナー様への納品です
他にもアパートを所有されており、次も考えてるとのお言葉を頂きました
とても感じの良いオーナー様で次回ご注文頂けましたら全力で
ご要望にお応えしたいと思いました。
IMG_2412_R
その後、過去に納めさせて頂いた集積場のメンテナンスです
レール下部の排水が上手く出来ないとの事でしたが
ホースで水を流しゴミを排除したら綺麗に流れました。
IMG_2422_R

打ち合わせ&メンテナンス H27-02-24

本日は朝から打ち合わせと先日納めたボックスのメンテナンスです
雨が降るとボックス内に水が溜まるとの事ですので
隙間という隙間コーキングしました。ただ前面からどうしても浸入してしまうので
後日、庇を作って取り付ける事にしました。
もともとゴミ箱は水が入るようになってます。水が入らないのは物置です。
通気性があるのかないかの違いです。
IMG_2297_R

ホームページ更新 H27-2-2

昨日カタログ更新しまして、HP管理委託業者様に更新依頼をしたところ
あっという間に更新。
やっぱりこういう仕事早い人って羨ましいです。見習わないとです。
と言う事でカタログもダウンロードできます。EMDSの機種にも変更点があります。
123

新カタログ H27-2-1

弊社のカタログ最新号が出来ました。
数日内にホームページよりダウンロード出来ます。
冊子でのご希望の方はお問合せフォームにてお問合せください。
内容盛りだくさん。クーポン券まで付いてます(嘘)
今まで分かりづらかった事をなるべく詳細に記しています。
IMG_2169_R
そしてようやくの初もうで。厄も終わり今年は更なる向上を持って仕事します
今まで出た事ない「吉」。全てが上手くいくそうな。。。やるしかないですね。色々な事。
CAM00685_R

ご提案 H27-2-1

最近お問い合わせが多いのがご提案図の有無です
弊社は写真のようにモデリングのソフトを使い細かいご提案を提出しています
ゴミ箱でここまですると、お客様には非常に喜ばれます
打ち合わせのやり取りも今までの半分程度で済みます。

【たかがゴミ箱】ですが

【されどゴミ箱】
そんな風に言われるように頑張ってまります。
1111

現調 H27-2-1

あっという間の1ヵ月。もう2月ですね
本日早朝散髪のち現調2件。
決まっている案件ですがまだ見たこと無かったので再確認の為現調。
いつも思う事はお客様の立場にたってのご提案です。
今までの使用方法を変えない提案だったり、変えるとこういうメリットになるといった提案だったりします。
現在モデリングでのご提案なので非常に分かりやすくなっています。

IMG_0479_R
こちらも決まってますが、まずは型番から調べます。
古いと製造中止だったりと色々あってそんなに簡単じゃありません。
IMG_0477_R
美容師さんに、もう頭や首カッチカチらしく。血行によい事しなさいと
言われました。

アースボックス設置方法。養生梱包まで

アースボックスの設置方法を簡単に説明します。
地方のお客様からの設置方法のお問合せが多くなりました。
先日の横浜建物様の例でご紹介します。
①設置する場所に障害物等ないように綺麗にします。
IMG_1910_R
②キズを付けないように木材等を使用し設置個所へ入れます。
アースボックスは養生シールが貼ってありますので背面や側面のシールは入れる前に剥がしてください
IMG_1912_R
③アジャストボルトを一番締めた状態で置いてみました。
右に下る勾配となっています(アースボックス背面のラインとレンガの隙間を比較してください右側に隙間があります)
IMG_1914_R
③アジャストボルトを調整して水平を出しました (レンガと背面の隙間が均一になりました)
IMG_1916_R
④EMタイプの場合、左右の扉の上下のズレが無くなると=水平となります。
IMG_1919_R
⑤アースボックスはボックス内からアンカー工事が可能です。
写真のように4コーナーに穴が開いてます。ここからアンカー工事します
IMG_1920_R
⑥付属のアジャストボルトを留める金具を入れてハンマードリルで穴を開けます
写真のようになるべく穴の中心に金具の穴をもってくるようにします
IMG_1922_R
⑦ここで1つ裏ワザを。
よく穴を開けてもアンカーが上手く刺さらない時があります。
この時はピンを叩く棒でアンカーのナット部分を叩いて入れます。
そうすると奥までキズ付かず入ります。それからピンを叩きます
IMG_1925_R
⑧ここでも裏ワザ。
アンカーを締める工具はT字ボックスレンチのTの片側を切って逆Lの字状にします
簡単に締める事が出来ます
IMG_1927_R
⑨付属のカバーをネジで締めて完了です。
IMG_1929_R
ハウスメーカー様には写真のように養生梱包致します。
何故?という声が良く聞かれますが、家を購入されたお客様が綺麗な状態で使って頂きたいからです
分譲建売で売り出し中に見に来られるお客様にもゴミに気を使っているというアピールも出来ます
これから家を建築する場合は現場も汚れてきますのでアースボックスも汚れてしまいます。
なので養生梱包しておくと直前でハサミ等で養生を切って中身は綺麗な状態でご使用頂けます。
お客様の事を考えてく弊社ならではのサービスです。
IMG_1932_R